2019年 年末特別講演会

2019年 年末特別講演会

京都大学大学院教授、元安倍内閣・内閣官房参与
藤井 聡様

日本が財政破綻することは ありえません!
緊縮財政をやめることで、 デフレから脱却できます!


【テーマ】
MMT (現代貨幣理論)を学び、日本経済を展望する

藤井聡

弊社では、私自身と社員スタッフの研修のため、隔月で勉強会・研修会を行っています。 これまで2015年10月より49回開催し439人の方にご参加いただきました。 今回は消費税増税を迎え、今旬な話題ですが、講師の藤井様にできるだけ「わかりやすく」お話しいただき、 若い方々を中心に、将来の日本を悲観しないよう、理解を深める機会になればと思い 開催することにいたしました。


■日 時
2019年 12月 4日(水)
18時15分開場 18時45分~20時15分

■会場
ワイム会議室 四谷三丁目
東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6階
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」1番出口すぐ
1階はスーパーマーケット「丸正・MARUSHO」のビルです


■テーマ
MMT(現代貨幣理論)を学び、日本経済を展望する
 
■講師紹介
藤井 聡(ふじいさとし)様 (京都大学大学院教授、元安倍内閣・内閣官房参与)
1968年、奈良県生まれ。京都大学大学院工学研究科教授(都市社会工学専攻)。 京都大学工学部卒、同大学院修了後、同大学助教授、東京工業大学助教授、教授、 イエテボリ大学心理学科研究員等を経て、2009年より現職。 また、11年より京都大学レジリエンス実践ユニット長、18年よりカールスタッド大学客員教授、 ならびに『表現者クライテリオン』編集長。文部科学大臣表彰、日本学術振興会賞等、受賞多数。 専門は、公共政策論。2012年から2018年まで安倍内閣内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。 著書に『プラグマティズムの作法』(技術評論社)、『社会的ジレンマの処方箋』(ナカニシヤ出版)、『大衆社会の処方箋』『国土学』(共に北樹出版)、『〈凡庸〉という悪魔』『国民所得を80万円増やす経済政策』(共に晶文社)、 『プライマリー・バランス亡国論』(扶桑社)、『経済レジリエンス宣言』(編著:日本評論社)、 『グローバリズムが世界を滅ぼす』(共著、文春新書)など多数。表現者クライテリオン編集長。

■参加費
3,000円(税込) ※参加費は、全額、福島の魚・果物を購入し、こども食堂に寄付させていただきます。


お申込みはこちらから

このページの上部へ

Copyright© 日本消臭抗菌予防株式会社 All Rights Reserved.