光触媒とは

光触媒とは?

なぜ今、光触媒なのか? それは、エコだから。

安全性

主成分が酸化チタン
食品、化粧品に使われている安全物質です。(ハミガキ、ホワイトチョコレート、ファンデ―ション等)

経済性

太陽光や蛍光灯の光のエネルギーと水分でだけで反応するため、エネルギーの消費が少なく、「酸化チタン」は安価で、資源的にも豊富なため、コストが少なくすみます。

強い分解力

有害物質を分解!
※酸化力:塩素1.36、オゾン2.07、光触媒作用・OHラジカル2.80

光触媒は日本発の世界最先端技術!

1972年、東京大学の科学者・本多健一氏と藤嶋昭氏により発見されました。

光触媒の作用

消臭のメカニズム

においを発生させる物質は、なんと40万種類以上あり、すべてのにおいを消し去ることは、大変難しいことです。
人の嗅覚が感じるにおいの原因となる特定の悪臭物質、例えば、アンモニアや硫化水素など、約22種類の物質をなくすことにより、においを感じなくすることができます。

その1:においは分解しないと、取れません!

その2:におい・汚れは蓄積します!

蓄積したにおい・汚れを取り除くと、作業がラクになります!

その3:原因をいかに早く見つけ出すかが、
    におい・汚れ取りのスピードのカギ!

光触媒原材料、および施工実用例

このページの上部へ

Copyright© 日本消臭抗菌予防株式会社 All Rights Reserved.