UA-196110426-1

勉強会

「環境ビジネス勉強会」開催しました!テーマは、「におい・嗅覚って何?」

「環境ビジネス」をテーマにした勉強会、開催しました!
第1回は、「におい・嗅覚って何?」です。

いきなり、「におい」かい?って、言われそうですが、
そうです。
「におい」の快・不快が原因で、ビジネスを逃すこともあります。

不快なにおいは、記憶に残ります。
不快なお店や施設には、行きたくありません。

ですので、「におい・嗅覚とは?」でした。
講師は、祐川 英基 様(臭気判定士会 会長・祐川環境カンファレンス(株) 代表取締役)。

人のにおいの感じ方は、男女だと女性のほうが、
老若だと、若い人のほうが、感度がいい、と言われています。
人によって差がありますが、においを測定するセンサーだと数値化できないものまで、
人の鼻だと感じてしまうくらい、人間の嗅覚は敏感です。

理由は、嗅覚で、安全かどうか判断するように備えられているからです。

例えば、食べ物が腐っていないかどうかを、嗅ぎ分けられるのです。
ほかには、危険かどうか?
例えば、火災が起きたら、ものが燃えるにおいをキャッチして、においのない方向へ逃げます。

そのように、人のにおいセンサーは、生死にかかわることから、非常に鋭いレベルのものを持っているのです。

においセンサーについては、詳しくお知りになりたい方は、こちらまで。


そして、今回の勉強会で、一番盛り上がったのは、「においの体験」です。

「10種類のにおい」を嗅いで、自分の記憶の中で、どのような場面で経験したことがあるのか?
答えていただきました。

例えば、タンスの中の防虫剤の臭い、墨汁の臭い、魚の腐った臭い、油の臭い、シンナーの臭い、靴下のむっとした臭い、消毒液オキシドールの臭い などなど。

これらは、すべて、臭いの元となる、物質名があります。
例えば、魚の腐った臭いは、「トリメチルアミン」
シンナーの臭いは、「トルエン」
消毒液の臭いは、「2.6-ジクロロフェノール」
といった化学物質です。

このような化学物質を、人間の鼻が感じないレベルにまで下げることができれば、
においを感じない、快適な状態になります。

今回は、このような「においの原理」を、深知りしました。

においをとる専門の会社です

とりたいけれど、とれないにおいがある場合
においの国家資格「臭気判定士」にお気軽にご相談ください。

(1)無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
(2)無料診断
※交通費について
公共交通機関を利用してまいります
【首都圏の方】東京駅から最寄り駅間
【関西の方】大阪駅・梅田駅から最寄り駅間
【広島および近郊の方】広島駅から最寄り駅間
の 交通費はご負担下さい
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士が診断 します。
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(3-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(3-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合、返金保証
*作業後7日以内、再施工無償
*6か月後無料点検

詳しくはこちらをご覧下さい。
★ご相談は「お問い合わせ」までどうぞ。
★お電話でもご相談承ります。
(平日)(土)(日):9:30~17:30が、お電話の受付時間となります。
TEL:03-6380-6371
  FAX:03-6380-6370 (24時間受付中)

トップに戻る

関連記事

次へ

業務研修会 開催報告

ページトップへ