消臭-ホテル-空調機-事例-事例3

事例3

においの種類・分類 空調機 異臭・悪臭 ホコリ臭、カビ臭、アンモニア臭
■ご依頼者様 ホテル
東京都港区
■臭気衛生課題 空調機の洗浄は、できないと考えている
・取り外すのがむずかしい
・時間がかかる
・費用が高い
■考えられる主な原因

POINT

熱交換器に付着した汚れやにおい物質が原因

■考えられる発生箇所 熱交換器のほこり・汚れの除去、においの元の消臭抗菌
■解決後の効果

「暖房によるものなのか、空調機から強烈なにおいを発したため、
お客様から大クレーム。当然ルームチェンジとなりました。
最初は、1部屋でしたが、次々と起こり、手が付けられない状況に。
空調機の洗浄を依頼していた、日本消臭抗菌予防に連絡して、見に来ていただきました。
調べてもらったおかげで、においの原因がわかり、バスルームのカビも原因だったわかり、
解決しました。
その後は、空調機のにおいのクレームはありません。」

◆弊社コメント

空調機から強烈なにおいを発したため、
お客様から大クレーム。当然ルームチェンジとなりました。
最初は、1部屋でしたが、次々と起こり、手が付けられない状況に。

臭気調査を行った結果、バスルームのカビによるものだと判明
においの原因がわからないため、まず、臭気調査を行いました。
空調機内の機器内部、吹き出し口など。
部屋ごとに強弱の違いはあるものの、ほぼ同じ臭気。
強いアンモニア臭とカビ臭が混じったにおい。

空調機の「排水ホース」をたどってみていくと、
ホースの先は、バスルームのバスタブの下につながっていることがわかりました。
さらには、バスタブの下のカビ・ホコリと、空調機機器内部にある、カビ・ホコリと比べてみると、
なんと、同じであることがわかりました。まさに執念です。

もともと、空調機は被害者
だが、空気を吸いこんで、機器内部に付着したにおいを吐き出すため、加害者に

バスルーム、バスタブ下や周辺にあるカビが、排水ホースを伝って、
空調機の中に入り、悪臭を排出していたというものです

ビル管理会社や空調機メーカは、外調機、外気が原因としていましたが、
弊社の意見が採用され、バスルームのカビを除去する作業を行うことに決定しました。
その後、異臭の発生はなくなりました。
翌年からは。空調機の洗浄作業とバスルームのカビの抗菌除去作業を同時に行うことになり、
異臭の発生はなくなり、防ぐことができました。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。
ページトップへ