消臭-ホテル-タバコ-事例-事例2

事例2

においの種類・分類 タバコ臭
喫煙客室を禁煙客室に変更したい
■ご依頼者様 2010年より、6回にわたり、合計108室 施工
当時、赤坂エクセルホテル東急 客室マネージャー
現在 吉祥寺東急 REIホテル 様
客室支配人 福島 和仁 様
■臭気衛生課題 喫煙客室を禁煙に変更する際の消臭作業
「禁煙化消臭作業」

お客様の声

■ご依頼者様
2010年より、6回にわたり、合計108室 施工
当時、赤坂エクセルホテル東急 客室マネージャー
現在 吉祥寺東急 REIホテル 様
客室支配人 福島 和仁 様

◆もともと、どのような方法をお考えでしたか?
1 週間くらい、売り止め(販売を停止)にして、カベをふき上げたり、 カーテンをクリーニングして、ある程度においが取れれば、禁煙で 大丈夫だろうとして、これまで、そのような方法で、行ってきました。
40 数年経っていたので、さすがにそうはいかないだろうということ で、薬剤を噴霧して、しっかりとタバコ臭をとったほうがいいだろう ということになりました。

◆他社の方法は、どのような方法でしたか?
テストしてみたところ、カベを拭いたり、カーテンをクリーニング するものの、消臭するのに、時間がかかる上、使用した薬剤のにおいが 残っていました。
一週間くらいかかるということでした。

◆弊社での施工に決めていただいた決定要因は?
最大の理由は、売り止めの日数が少ないという点です。
消臭できた上、出てくるにおいが消臭できるという利点、 プラスアルファがありました。
テストの後、仕上がり感は違っていました。
まず、薬剤のにおいがないということです。
そして、販売停止期間が短いということです。
料金ははっきり言って、他社と変わらなかったです。
当時、光触媒はわかりにくいものでしたが、上司の総支配人に、 「持続性があります」と説明し、理解を得ました。

◆作業後のご感想をお聞かせください。
翌日から「禁煙ルーム」として販売することができました。
においが付きづらいので、タバコを吸われても、すぐとれる、 掃除がラクになったという声が、現場から上がっています。
当時、光触媒は、まだ知られていませんでしたが、「光触媒で禁煙化 していますということを、アピールする」ホテルもでてきています。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。
ページトップへ