商品開発-香水用消臭シート開発

香水用消臭シート開発

なんとか香水のにおいを消したい

香水とは、もともと、においが残るように作られています。
においが取れにくくなっています。
最近は、強い香水のにおいなど問題になることもありますが、
ホテルにおいては、客室で香水を使用した後、何日間もにおいが残ってしまい、
販売できないというような問題がありました。

弊社では、香水臭のご相談を受けて、消臭作業を行ってまいりましたが、
消臭するのが困難であり、時間がかかってしまい、作業が高額な料金となる
という課題もありました。

さらには、「今すぐ来てほしい」「遠方でも来てもらえますか」など、
なかなかご対応ができないことが多々ありました。

なんとか、お客様ご自身で、香水の消臭ができないか?
と、悩んでまいりました。

香水とは?

3層に分かれていて、

1.トップノート・・・

揮発性の高い香りで、第一印象を与える特長を持っています。
揮発成分が中心、時間とともになくなります。

2.ミドルノート・・・

中程度の揮発性、保留性を持っていますが、
トップノート同様、時間とともに消えていきます。

3.ベースノート・・・

揮発性が低く、保留性が高いものです。
つまり、香りを持続させるように作ったにおいなのです。
ここが、もっとも、やっかいなのです。

特に、香水のにおいが消えないというのは、
「ベースノート」の油性成分、精油などによるものと考えられます。

つまり、油によるものなので、化学分解できません。

消臭剤、脱臭機などで、反応するものではないと言えます。

大学との共同研究

2019年より、においを専門的に研究しておられる大同大学(愛知県)で、
香水について研究していただくことといたしました。

はじめは、400℃以上の高い熱でないと分解できないなど、
なかなか現実では難しい消臭方法でした。

ベテランの先生と、2人の優秀な学生さんによって、
実験を重ねていただくことにより、
熱することなく安全な方法で消臭できることが発明できました。

大学との共同研究はこちらをどうぞ

その後、ホテルの客室で実際に作業が簡単にできるための臨床実験を行い、
ようやく、「消臭シート」という形で完成いたしました。

ご自身で行っていただく消臭の課題は、「においの元」を見つけられるかどうかですが、
部屋中においが充満しているため、「においの元」を見つけるのは至難の業です。

弊社製品「香水用・消臭シート」のご紹介

お急ぎの場合、作業を依頼する予算がない場合

ただし、以下のケースは、消臭作業が必要となります。

・におい発生から1か月以上の長期にわたる場合
・30㎡以上の広範囲にわたる場合
・逃げ出したくなるくらい(臭気強度5)のにおいの強さの場合

「消臭シート」の使い方

におい発生箇所に、消臭シートをかぶせて置いて下さい
・両面使用できます。  
➁消臭シートを置いた状態で、においが感じられないか、確認して下さい。
③においが感じられる場合は、置く場所を変えて下さい
24時間経過後、消臭シートをはずして、においの有無を
確認して下さい。
⑤においが感じられる場合は、場所を変えて、③~④を繰り返して下さい。

商品はこちらをご覧ください


■香水臭の場所がわからないという方

弊社はにおいを取る専門の会社です

ホテル客室での作業実績、49,475室
「消臭抗菌作業」を行いました。(2020年12月現在)

こちらまで、お問い合わせください

★もちろんお電話でも結構です。
(平日)(土)(日):9:30~17:30が、お電話の受付時間となります。


TEL03-6380-6371  

FAX03-6380-6370 (24時間受付中)

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。
ページトップへ