UA-196110426-1

ブログ-「格闘技の日」~今から約半世紀前に「アントニオ猪木vsモハメド・アリ」の異種格闘技戦が行われた日です~

「格闘技の日」~今から約半世紀前に「アントニオ猪木vsモハメド・アリ」の異種格闘技戦が行われた日です~

格闘技ファンとして、コメントさせていただきます。
ご興味の無い方には、大変失礼いたします。

1976年6月26日のアントニオ猪木との格闘技世界一決定戦は、いまだに忘れられません。
あの日は、土曜日で、学校から走って帰って、正午からの実況生中継を食い入るように見ました。
当時中学生でした。

6月26日は、モハメドアリの亡くなった2016年に格闘技の日に制定されました。
残念ながら、祝日ではないようです。当たり前ですが。



やはり、この一戦はスゴイです。
1976年6月26日日本武道館で行われた

格闘技世界一決定戦 アントニオ猪木vsモハメッドアリ


現役のボクシング世界ヘビー級チャンピオンをリングに上げたこと、
試合そのものも、もちろん、すごいですが、それにまつわるドラマがスゴイ。

この試合は、もともとは、アリが「俺にチャレンジしてくる勇気のある東洋人はいないか?」
というビッグマウスに端を発してます。

そして、猪木、新日本とテレビ朝日がタッグを組み、実現させるドラマです。
それ以上に面白いのが、もともと、この試合は、エキジビションマッチとして、
アリ側は考えていて、公開スパーリングのようなイメージだったと考えられます。
そして、あっさりと、KOするつもりだったと思います。
しかし、プロレスを、アメリカのショー的なものと一緒だと思っていたのが、
実際に、猪木の公開スパーリング・練習風景を見て、軌道修正をすることになります。
それは、ルールにおいて、キックやパンチ、寝技を、禁止しました。
そして、さらにエスカレートさせたのは、試合3日前に、
テレビで生中継されている調印式の席上で、猪木は、アリ側の汚いルール要求を暴露し、
「スポーツマン精神があるならば、ファイトマネーと興行収入を全額勝者が手にする賞金マッチを受けろ」と提案し、両者は調印します。
その後、「試合はやらないから米国に帰るぞ」と言って、調印は破棄されてしまいます。

当初は、エキジビションマッチだったものが、真剣勝負になってしまいました。
そして、決戦を迎えます。
アリ側は、早い回でKOを想定していたと思われます。
入場シーンには緊張はありません。

それに比べて、猪木側は、プロレスの神様、カールゴッチがセコンドに就くなど、
異様な殺気が漂っています。

試合内容は、アリの5発のパンチと、猪木のたった3回のタックル、
そして、96発の足の甲で蹴るキックでした。
最後まで慎重に戦っていたために、「茶番劇」と称されることになります。
ボクシングとレスリング、ルールが違いすぎて、かみあわないことは想定済みでした。
この一戦は、人によって見方が異なりますが、
私は、両者は、真剣に戦っていたと思います。
アリのパンチが一発当たると命の危険もあります。
一説によると、この日、アリは4オンスの薄いグローブを付けていて、一発でKOすることがうかがえます。

世紀の真剣勝負、結果はドロー


15ラウンド終了後、判定にもつれこみます。
判定に要する時間は、10分近くかかっています。

単純に、メインレフリーとあと2人のジャッジの数字を足すだけのはずなのに。
私の勝手な推理では、猪木が勝っていたんじゃないか?と思います。
アリ側の要求で、なんとか、ドローに修正したんではないか?と思います。
結果、ボクシングの東山さんが猪木、プロレスの遠藤さんはアリ、

メインレフリーのジンラベルは引き分け、ドローとなります。
じつに美しい裁定です。

試合後の交流


試合後、猪木側は10億円近い借金を負います。
アリ側は、負傷した左足の血栓症で入院し、以降、蝶のように舞うフットワークを使えなくなります。
そして、このドラマはまだ続きます。

大きな負債を負った仲間として、アリと猪木の間に友情が芽生えます。
アリの自伝映画「アリ・ザ・グレーテスト」で使われた曲「アリ・ボンバイエ」を
猪木にプレゼントします。

猪木のテーマ曲「イノキ・ボンバイエ、炎のファイター」となります。

さらに、90年の湾岸危機で、イラクから日本人人質41人を解放した際、
猪木が解放に貢献しましたが、
その前に、アメリカ人人質の解放に成功したのがアリであり、
フセイン大統領に「イノキは私のベストフレンドだから」と、告げて帰国したとのことです。
人生の深い部分を感じます。

「猪木vsアリ戦」
とにかく、猪木がかっこよかった。
この時の猪木は33歳、若くて、ピュアです。
「猪木vsアリ」、「格闘技の日」、人生を感じました。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
ご興味の無い方には、大変失礼いたしました。

においを調べて取る・専門の会社です

弊社を選んでいただいた理由
BEST3
①独自の消臭方法
詳しくはこちらをご覧下さい。
* 酸性・アルカリ性で中和、中性で分解する
②ホテルなどお取引実績
「お取引実績」はこちらをご覧下さい。
*全国ホテル5万室超での消臭作業実績
③ご満足いただけなかった場合は、全額返金保証
詳しくはこちらをご覧下さい。
★ご相談は「お問い合わせ」までどうぞ。
★お電話でもご相談承ります。
(平日)(土)(日):9:30~17:30
TEL:03-6380-6371
 

 
ページトップへ