UA-196110426-1

ブログ-11月のにおい ~シクラメンのかほり~

11月のにおい ~シクラメンのかほり~




真綿色したシクラメンほど、すがしいものはない。
出会いの時の君のようです。
ためらいがちにかけた言葉に、驚いたように振り向く君に、
季節がほほを染めて過ぎていきました。



このような優しい歌詞で始まる「シクラメンのかほり」は、1975年の布施明さんの名曲です。
まさに、今の時期、11月にふさわしい歌だと感じます。

では、「シクラメンのかほり」って、どんなかおりなのでしょうか?

この曲の歌詞には、次のように表現されています。

薄紫のシクラメンほど、寂しいものはない。
後ろ姿の君のようです。
暮れ惑う街のわかれ道には、「シクラメンのかほり」むなしくゆれて、
季節が知らん顔して、過ぎてゆきました。


「かおり」がむなしくゆれる。
なんとも切ない表現だと思います。

なかなか、実際に咲いている「シクラメン」を見る機会がなかったので、お花屋さんで見てみると、しっかりとした花びらで、においはというと、ほのかな香りです。
11月はこれから寒さの厳しい冬に向かっていく季節でありながら、小春日和のようないいお天気の日には、夏を思わせるような日差しがあります。

「シクラメン」の花とともに、小椋佳さんの「シクラメンのかほり」のメロディー、そして、歌詞が、この時期らしいと感じました。

みなさまの11月のにおい、ぜひ、教えてください。

においを調べて取る・専門の会社です

弊社を選んでいただいた理由
BEST3
①独自の消臭方法
詳しくはこちらをご覧下さい。
* 酸性・アルカリ性で中和、中性で分解する
②ホテルなどお取引実績
「お取引実績」はこちらをご覧下さい。
*全国ホテル5万室超での消臭作業実績
③ご満足いただけなかった場合は、全額返金保証
詳しくはこちらをご覧下さい。
★ご相談は「お問い合わせ」までどうぞ。
★お電話でもご相談承ります。
(平日)(土)(日):9:30~17:30
TEL:03-6380-6371
 

 
ページトップへ