よくあるご質問-空気中に噴霧し続ける方法

空気中に噴霧し続ける方法

空気中に、化学物質を噴霧し続けるのは有害です

(東京新聞 6月6日紙面より)

消毒効果があるという事は、当然、人体にも影響があります。
したがいまして、「空気中に噴霧し続ける」と、人体に悪影響があります。

これは、記事にある「次亜塩散水」に限らず、他の化学物質でも同様です。

いかに、安全に使用するか
が重要です。

オゾンなどの脱臭機の使用も同様です。
有害なものを使用する際、特に常に使用する際には、十分に注意する必要があります。

厚生労働省推奨は、「次亜塩素酸ナトリウム0.05%濃度水溶液」ですが、
「次亜塩素酸水」は全く違う化学物質です。ご注意ください。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。
ページトップへ