UA-196110426-1

商品開発-世界一清潔な羽田空港の清掃のプロ 新津春子さん 

世界一清潔な羽田空港の清掃のプロ 新津春子さん 

羽田空港の世界一の清掃員、新津春子さんには、これまで、3回にわたり、弊社の勉強会で教えていただきました。
「酸性・中性・アルカリ性」の液性によって、においも消えることを学びました。

「思う心」を教えていただいています。
弊社の師匠です。

液性 酸性・中性・アルカリ性

液性:酸性・中性・アルカリ性

酸性やアルカリ性というのは、物質を水に溶かした液の性質の名前です
食酢や果汁のように、すっぱい味のするものは酸性
草木を燃やしたあとにできる灰を水に溶かした灰汁(あく)のように、苦い味のするものはアルカリ性
中性は、酸性とアルカリ性のちょうど中間の性質です

酸性・アルカリ性には、弱いとか強いとかいう度合い(強さ)があります
この酸・アルカリの度合い(強さ)を表すのに、pH(ピーエッチ/ペーハー)と呼ばれる数値を使います

pHは酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて、酸・アルカリの度合いを その目盛りの数字で表すもので、 pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければ アルカリ性としています。
pH7よりも値が小さければ小さいほど酸性の性質が強く、値が大きければ大きいほど アルカリ性の性質が強いことになります

酸性の汚れ・におい

・油汚れ
・手あか
・湯垢
・皮脂

アルカリ性の汚れ・におい

・トイレ・バスルームのにおい
・下水臭
・水垢、石鹸カス
・さび
・尿・尿石
・カルキ

消臭方法

液性を考えて、酸性のにおいには、アルカリ性の薬剤を
アルカリ性のにおいには、酸性の薬剤を
中和させることによって、においがなくなります

ただし、カビやタバコなど、いろいろな種類のにおい物質がある複合臭の場合は、 両方の液性を持つ場合があります

そのような場合は、中和だけではにおいが消えない場合がありますので、 化学分解や薬剤による洗浄や脱臭などの消臭方法を行います

光触媒

光触媒は、約40年前に東京大学が開発した科学技術で、 酸化チタンなど安全な物質を使って、 酸化分解反応と親水性反応を引き起こします。

室内の光で抗菌・抗ウイルス効果生む光触媒   「1時間で99%以上のウイルスが感染力を失う」 「病院のトイレの壁や空港で荷物を運ぶカートでは、 70%以上菌が減った」

弊社は、ホテルでの消臭作業が多いのですが、 ホテルの室内の場合は、紫外線量が少ないため、 光触媒の反応力が弱く時間がかかることがあります。

普段の作業では、酸化チタンによる光触媒のほか、安全な化学物質を使用しています。

においをとる・消臭専門の会社です

とりたいけれど、とれないにおいがある場合
においの国家資格「臭気判定士」にお気軽にご相談ください。
弊社のご提案が気に入っていただけたら、ぜひ、ご採用ください。
詳しくはこちらをご覧下さい。
(1)におい相談(無料・電話、または、オンライン)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
(2)においの訪問診断(60分間・有料)
※費用11,000円(消費税込み)+交通費1名分
※交通費について
公共交通機関を利用してまいります
【首都圏】東京駅から最寄り駅間
【関西地区】大阪駅・梅田駅から最寄り駅間
【中国地区】広島駅から最寄り駅間
【九州地区】博多駅から最寄り駅間
の 交通費はご負担下さい
*においの発生原因、発生箇所、においの種類を診断します。
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(3-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(3-B) 弊社でにおいをとる場合

「弊社の特長」はこちらをご覧下さい。
★ご相談は「お問い合わせ」までどうぞ。
★お電話でもご相談承ります。
(平日)(土)(日):9:30~17:30が、お電話の受付時間となります。
TEL:03-6380-6371
  FAX:03-6380-6370 (24時間受付中)

 
ページトップへ