社会貢献-社会貢献を始めるきっかけ 魂の商人 石田梅岩が語ったこと 

社会貢献を始めるきっかけ 魂の商人 石田梅岩が語ったこと 

■「どう稼ぐかよりも、どう使うか」/石田 梅岩氏(江戸時代に商人道を説いた)

「稼いだお金を、社会のため、世の中のため、そして、世界のために、
どうやって、生き金として、使うのか、
そのことを考え、実行するのが、経営者である。」
江戸時代、身分制度が厳しかったころ、商人がこのような「道徳」を語ることが許されない時代に残した名言です。

さらに、梅岩は、このように述べているのです。
「自分のために使うのは、3つを2つにして、残りの1つを他人のために使う」

この意味は、単にケチるんではなく、自分の老後に取っておくことでもない。
3つのうちの「1つ」を他人のためになるように使いなさい、という意味です。

これらのお話は、2016年6月に、今はお亡くなりになった山岡正義様(元東京商工会議所・経営指導員)から教えていただきました。

このお話のおかげで、私自身の意識が変わりました。

まず最初に行ったことは、「1万円の寄付」です。
なけなしの1万円のお札を、どこでもいいから寄付するというものでした。

私は、地元の神社に寄付することにしました。
「お賽銭箱」に入れるのに、自分にとってあまりに高額だったので、
何度も悩みながら、最後は、押し込んでいました。

手を合わせて、神社を後にしたとき、今までにないすがすがしい気持ちになりました。

このことをきっかけに、寄付することで、自分自身の励みになることを教えていただくきっかけとなりました。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。
ページトップへ