においを科学する

加齢臭について

朝日新聞の「香り特集」より、ご紹介いたします。
(2015年8月1日特集記事より)

においのメカニズムをご紹介いたしましたが、解明された研究者は、ノーベル賞を受賞されたとのこと。
非常に奥の深い世界ですね。

今回は、「加齢臭」です。特に男性陣には興味深いですね。
以下、新聞記事より抜粋いたします。

「ちょっと青臭く。わずかに焦げた臭いがある。古くなったポマードのように、
油臭く、広がりが強い。」
中高年に特有の体臭を、資生堂の中村祥二氏はそう表現する。

中村氏は、1999年、
中高年の体臭の主な原因物質が「ノネナール」であり、
皮質が分解・酸化してできる物質で、
年を取るにつれて皮質の成分が変わることで増える
ことを突き止め、中高年の体臭を「加齢臭」と名付けた。

男女問わず、40歳以上になると「ノネナール」が見つかるが、
「加齢臭」は男性に多く感じられる。

「加齢臭」を抑えるボディーソープやシャンプー、下着や寝具など
関連商品は多い。

まずは、入浴や着替えをして。清潔にすることが大切だ。

強いストレスは「加齢臭」を強めるという。
ご注意ください。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

「スメルハラスメント」においの迷惑、急増中

次へ

身近なにおい

ページトップへ