ブログ

ホテルにおける消毒作業

感染者が発生した場合、感染が疑わしい方がご利用された場合

これまでの科学的な報告によりますと、ステンレスやプラスティックでは、
72時間ウイルスが感染力が持続するとのことです
チェックアウト後、72時間以上おいてから、室内に入ることをおすすめいたします

その際には、特に、接触箇所である、ドアノブ、トイレについては、ご注意ください

最新情報は、こちら をご覧ください

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

日経BP社・動画サイトの「ユーザーの声」に掲載

次へ

「風薫る5月」のにおいとは?

ページトップへ