においを科学する

順応~身近なにおいになれて感じなくなる~

自分自身のにおいがわからなくなる
それは遺伝子学的な理由があります

2019年の多摩川の水害で水没した「博物館」を訪問する機会がありました。
建物内に入ると、強烈な「カビ臭」が充満していました。
事務所の執務室は、換気されているためか、少しはましでしたが、やはり「カビ臭」が充満しています。
博物館の方に、「かなり強いカビ臭を感じる」ことを私が指摘いたしましたが、それほど気にならないといった印象を受けました。

このように、同じ環境で毎日過ごしていると、最初は異臭を感じたのが感じなくなる。 においに慣れて感じなくなるというものです。

このことは嗅覚では、「順応(じゅんのう)」といいます

ウイキペディアによりますと、
順応とは、生物の個体がその生態系における変化に対応し、 気温の変動、水や食料の入手状況、その他のストレスを生き延びられるようにする過程である
と、書かれています。

例えば、自分自身のにおいも「順応」によって感じなくなります。
体臭は、自分ではわかりません。
お化粧のにおいや香水のにおい、男性だとコロンや整髪料のにおいも、慣れてしまうと、自分ではそれほどきつくないなと思っていても、周りの方にはプンプンにおうという迷惑なことがよくあります。

嗅覚には「順応」という機能があるからです。 ではなぜ、「順応」という機能があるのでしょうか?

生物学的に言うと、「新たな危険を感知する」という意味で、必要とされています。

さらなる危険であるにおいに気づくために、
身近なにおいで安全と認識したにおいを嗅覚の感覚から消してしまうということです

非常に不思議なことですが、生物として生きるための遺伝子学的な知恵です。

したがいまして、「順応する」ことを踏まえて、普段の異臭を感じ取るためには、普段はそこにいない方にチェックしてもらうことが必要です。
サービス業なら、お客様の声やアンケートなどに書かれたにおいのご意見など、が重要と言えます。


におい・無料診断のご相談・お申し込み


こちらで承ります

★もちろんお電話でも結構です。

ご相談承ります。


(平日)(土)(日):9:30~17:30が、お電話の受付時間となります。


TEL:03-6380-6371  

FAX:03-6380-6370 (24時間受付中)


 

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

【高品質なサービスをご提供したい事業者様へ】「無臭」という最高のサービス

次へ

人間の感情のうち、「におい」によって引き起こされるのは、何%だと思いますか?

ページトップへ