においを科学する

エアコン・空調機は被害者?

エアコン・空調機は被害者?いやいや張本人?

梅雨時は、毎日ジメジメ、湿度が高いですね。

湿度が高くなると、部屋のあちこちで、カビが発生します。
空調機・エアコンをつけると、カビ臭いってこともありますよね。

だから、空調機・エアコンが、カビの発生源だと決めつけるのは少し早いです。
空調機・エアコンは被害者、と、言えます。

では、カビは、どんなところに生えやすいのでしょうか?

■発生原因
①適度な温度(10~35℃前後)
②栄養分(有機物でホコリ、チリ、あかなども栄養素となる)
③酸素(呼吸、発酵に必要)

■発生しやすい場所
①風通しが悪い場所
②湿気が多い場所
③室温が低い、特に、北向きの部屋
④低層階
⑤天井より床面

③、④、⑤は、湿気やすい場所ということですが、
特に、結露が起こりやすい場所です。

結露は、外気の温度と、室内の温度差から生じるものです。
冬場は、冷たくなりやすい場所は、湿気が多くなります。

■では、対策は?

◆換気・・・風通しを良くする
 2ヶ所以上の窓やドアを開けることで、空気の通り道を作ります。
 毎日、10分程度、開けるだけで、改善されます。

◆除湿・・・湿気を取り除く
 乾いたタオルやぞうきんで、ふき取ることです。

意外と簡単なことです。
重要なのは、忘れずに、定期的にやることですね。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

【メディア掲載】日経BP社「日経トップリーダー(旧・日経ベンチャー)」

次へ

第51回業務研修会 行ないました

ページトップへ