においを科学する

におい物質って何?

におい物質、聞いたことありますでしょうか?

においを発生させる「におい分子」は、 なんと40万種類以上も、あります。
人間は、このうち 約1万種類を嗅ぎ分けていると 言われています。
(ちょっと、実感はわきませんが)

空気中に漂う「におい分子」は、鼻の中の嗅細胞にある 受容体(センサー)で、ばらばらに捕らえられます
それらの情報が脳で統合されてはじめて、 特定の香りやにおいとして認識されます
しかし、人間の嗅覚センサーは、わずか400種類ほど しかありません
人間より鼻がいいイヌでも800種類で、嗅覚を頼りに行動する マウスでも1000種類です
なんと、ゾウは、2000種類だそうです 長いだけじゃないんですね

人の嗅覚が感じるにおいの原因となる特定の悪臭物質
例えば、アンモニアや硫化水素など、約22種類、あります

このように存在する、におい物質は目に見えない大きさなんですね

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

悪臭物質って何?

次へ

2020年4月より法律が変わり、建物内禁煙となります

ページトップへ