においを科学する

キンモクセイは秋の香り ちょうちょは嫌うようです

歩いていると、キンモクセイの香りが感じる季節になりました。
キンモクセイのにおいは、秋が深まったことを気づかせてくれます。


ウイキペディアによると、
香りの主成分は、
β-イオノン、リナロール、γ-デカラクトン、リナロールオキシド、cis-3-ヘキセノールなどです。

β-イオノン・・・スミレの花の香り
リナロール・・・スズラン、ラベンダー、ベルガモットなどの花に含まれる香り
γ-デカラクトン・・・モモの香り
リナロールオキシド・・・青臭い香り
cis-3-ヘキセノール・・・野菜など植物の青臭い香り


「γ-デカラクトンはやや揮発性が低いため、遠くまで拡散しているのはβ-イオノンが中心ではないかとする考えもある。
広島大学大学院生物圏科学研究科の大村尚氏の研究により、本物質はモンシロチョウの忌避成分として同定された。」

意外かもしれませんが、ちょうちょなどの虫は、このにおいを嫌うようです。

というのは、
モンシロチョウを調べてみると、アブラナなどの葉っぱを食べる害虫なんですね。
さらには、幼虫時には、ハチやハエ、ウジが寄生するいうことです。

キンモクセイの香りは自衛手段だったことがわかります。

キンモクセイは、トイレの芳香剤として使用されていますよね。
このにおいが、部屋中に充満したら、ちょうちょと同様、逃げ出したくなるかも。

木々から香る、ふと感じる適度なにおいが、秋を感じさせるのではないかと思います。

においが強すぎると避けたくなり、
ほのかな香りだと、いいにおいだと感じる。

臭気の強度の違いは、人の感性に大きな影響を与えます。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

「週刊ビル経営」に掲載されました

次へ

「ウイルス」について

ページトップへ