UA-196110426-1

業務研修会

通算50回、業務研修会を行いました

日本消臭 においのプロ 臭気処理士 村井です。

通算第50回勉強会を行いました。
東京・大阪、初!同時テレビ会議でした。

が、2時間経過したところで、通信が中断してしまい、大阪メンバーは強制終了となってしまいました。
残念です!次回への課題です。
(会議中、テレビ会議の写真が撮れなかったのが、さらに残念!)

社内資格・臭気処理士 46人目は、中村勇哉さんです。

武内正志さん、丹野聡士さんは、臭気処理士・資格継続認定でした。

グループ討議は、前回に続き、
日経BP社の動画GOKUUを事前学習して、「あらゆる企業は教育化する」「教育化」
という新しいサービスの形について、学び、議論しました。

テーマは、
①お客様の本質的な欲求とは?
②その本質的な欲求に対して、弊社が教えられることは何か?

難しいテーマです。

◆日経BP社「日経トップリーダー」北方編集長のお話によると、

「お客様が本当に求めているもの、けれど気づいていないものに気づかせてあげること。」
「人口減少だからこそ必然的に生まれたモデル。
教育化とは、顧客関係が一体的になる。」

すぐには答えは出ませんが、引き続き、全員参加で考えていきます。

■参加者アンケートより

・初のビデオ(テレビ会議)ミーティングで、大阪チーム(のお話)が聞くことができて、
一体感が深まりました。
・(会社の成長において)ここに至るまで長いなと感じた。
・業務の拡充に強い意志を感じました。
・一作業者として、一人間として、常にアイデアを生んでいくことが大事だと思いました。

●「教育化」グループ討議について

・消臭に関する事だけでなく、本日のような場を設けるだけで、
普段の生活から、“より良く”という事を考えていけるのだと思いました。
「教育化」について、次の研修会まで、考えてみます。
・問いの幅が広いので、もう少し絞ったほうが良いのでは。
目的地が遠いので、どこを進んだらいいかわからない。
・「教育化」いう言葉自体が聞きなれなく、理解も浅かったので、
大変興味深く学べました。
・考え方は本当に人それぞれ違うと感じた。
・個人の情報収集がしやすくなった世間で、サービス提供者とお客様が一体となることが大切であると
学ぶことができました。
・「教育化」のテーマで、本質的欲求は、サービス提供者の役職だったり、
お客様の事情で大きく変わってくるので、考えるポイントが定まりづらい部分がありました。

においをとる専門の会社です

とりたいけれど、とれないにおいがある場合
においの国家資格「臭気判定士」にお気軽にご相談ください。

(1)無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
(2)無料診断
※交通費について
公共交通機関を利用してまいります
【首都圏の方】東京駅から最寄り駅間
【関西の方】大阪駅・梅田駅から最寄り駅間
【広島および近郊の方】広島駅から最寄り駅間
の 交通費はご負担下さい
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士が診断 します。
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(3-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(3-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合、返金保証
*作業後7日以内、再施工無償
*6か月後無料点検

詳しくはこちらをご覧下さい。
★ご相談は「お問い合わせ」までどうぞ。
★お電話でもご相談承ります。
(平日)(土)(日):9:30~17:30が、お電話の受付時間となります。
TEL:03-6380-6371
  FAX:03-6380-6370 (24時間受付中)

トップに戻る

関連記事

前へ

「最新の抗菌・防臭・空気質制御技術」に寄稿

次へ

臭気判定士って、人よりも優れた嗅覚の持ち主なの?

ページトップへ