においを科学する

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第5話>

今回の課題は、香水臭を消すことです。

先日、東京都内のホテルで、香水臭でお困りの客室、なんと、22室の消臭作業を行いました。

その原因は、なんと、中近東(K国)の王族の子供たち、なんと、小学生のサッカーチームによるものだったのです。


部屋中に、香水の強烈なにおいが漂う中、まず始めたこと。

それは、「においの元をさがす」ことでした。


では、「香水臭をどうやったら、なくせるか」ということです。


その上、もうひとつ、大きな課題がありました。それは、時間との闘いです。

「香水の成分の有機物については分解できる。が、無機物の成分は、分解できない。」


つまり、「香水を、全部分解することは、できない」ということがわかりました。


香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第1話>

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第2話>

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第3話>

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第4話>


香水は一部しか分解できません。

残りは、分解できないことになります。


さあ、これからが「考えどころ」です。

今回、選んだ方法は、光触媒による分解作用によって、

「分解すると同時に、分解できないものは、吸い取る」という方法でした。


したがいまして、「短時間で作業した後、乾燥させながら原状復帰させる」ことを、


前提としたのです。


しかしながら、悪戦苦闘となります。

悪戦苦闘の理由は、「カーペットは、ぬれると、さらににおいが強くなる」という課題が出てきました。


においが部屋中に充満すると、「においが消えたのかどうか」が確認できない事態となりました。


クライマックスは、香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第6話>
、つづく。

においをとる専門の会社です

においの国家資格「臭気判定士」にご相談ください。

⑴ お気軽にお問い合わせください
*とりたいけれど、とれないにおいがある場合はご連絡ください
⑵無料相談(電話、メール、Zoom)
*貴社でとれるにおいかもしれません。貴社でとる方法もお伝えします
⑶ 無料診断(交通費はご負担ください)
*においの原因や、においの発生する場所が不明な場合は、臭気判定士による診断 をお奨めします
*においをとる方法をお伝えします(貴社でとる方法と、弊社でとる方法)
(4-A) 貴社でにおいをとる場合
*器具や消臭剤をお教えします。においの取り方の研修をすることもできます
(4-B) 弊社でにおいをとる場合
*テスト施工し、成果が確認されたら全ての施工を行う
*においがとれなかった場合は全額返金します

こちらまでどうぞ。

トップに戻る

関連記事

前へ

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第4話>

次へ

香水臭のホテル客室、なんと、22室の消臭作業を行いました<第6話・最終回>

ページトップへ